わきが 遺伝

両親や家系にワキガの人がいると子供にも遺伝する

わきがは治療といった言葉も使われるため、病気と考えられがちですが、正確には生まれつきの体質です。
そのため、遺伝の影響を受けることも少なくありません。

 

・遺伝する確率は?
両親のどちらか、あるいは両方がワキガの場合は、子供もワキガの素質をもって生まれることがあります。
その確率は片方の場合で50%、両親ともにワキガなら80%と言われています。

 

また、両親だけでなく、祖父母など、家系にワキガ体質の人がいた場合も子供に遺伝することはあります。

 

注意しておきたいのは、「ワキガを原因とするニオいがないからワキガ体質ではない」とはならない点です。

 

たとえば、父親だけがワキガ体質だったけど、ニオいがでなかった場合でも子供がワキガ体質で生まれてくる可能性はあります。
こうしたケースでは両親は「家族にワキガの人はいないのに、なんでこの子だけ?」と混乱してしまうかもしれません。
ワキガ体質=必ずワキガの症状(臭いや汗)がでるとは限らないわけです。
両親がワキガでなくても素質があったなら、子供に遺伝する可能性は十分あることは覚えておきましょう。

 

逆にいうと、子供がワキガ体質で生まれてきたとしても、症状がでるとはかぎりません。
こうした場合は両親も本人もずっとワキガ体質であることに気づかないまま生活できます。
知らぬが仏という感じです。

 

・子供にワキガが遺伝した時
ワキガの症状があらわれて、子供への遺伝の疑いがある、あるいは確信したときはどうすればいいか?
体質的な問題ですから、完全に治すなら手術によって汗腺を抑えたり除去するしかありません。

 

しかし、子供のわきが手術は大人が自分で決断するのとはわけが違います。
費用などの問題よりも将来にまでつながる見えないリスク(再発、悪化、傷など)もあるので、クリニック選び、医師選びなど慎重にすべきものです。

 

発症したワキガは年とともに軽減されるものなので、慌てて手術に踏み切ると後悔もあるかもしれません。
臭いは普段から気になるものですから、日々のケアにワキガ対策デオドラントなどを使って少しずつ様子をみることをおすすめします。

 

子供の肌にも使える「ワキガ対策ジェル」